後遺症で仙骨・殿部・下肢が辛いなら

交通事故の後遺症で仙骨・殿部・下肢の痛みが続くなら

AKA−Tは関節運動学に基づき、関節神経学を考慮して、関節の遊び、関節面の滑り、回転、回旋等の関節包内運動の異常を治療する方法、及び関節面の運動を誘導する方法である。

 

関節運動学とは
関節包内における関節面の運動、すなわち関節包内運動を研究する領域である。関節面の運動は2つに分けられる。1つは骨運動に伴って起こる関節面の回転、回旋、滑りなどで、構成運動と呼ばれ、もう1つは骨運動に伴わない運動で副運動をいわれる。
構成運動は、関節面の運動と骨の運動との間には、凹凸の法則という一定の関係がある。関節を構成する関節面は一方が隆起し、もう一方の関節面は窪んでいる。Kaltenbornは、この関節面相互の凹凸により、関節運動に伴い、転がり、滑りなどの動きが起こるとし、骨運動に伴った関節包内運動に法則があることを凹凸の法則として示した。
凸の法則とは、凹面に対して凸の関節面をもつ骨が可動する場合には、骨運動とは反対方向に凸の関節面が滑ることをいう。凹の法則とは、凸面に対して凹の関節面をもつ骨が可動する場合には、骨運動と同一方向にすべることをいう。
副運動とは、他動的な外力によって起こる関節包内の運動や、骨運動に伴う関節包内の関節面の運動のことである。関節の遊びとは、屈曲・伸展などの生理学的可動方向以外の方向に動く関節包内の運動の事である。関節の遊びは随意的に動かすことができず、他動的に外力を加えたときのみ起こる。関節の遊びの作用は、加えられた外力を吸収したり軽減することで、関節包や靱帯のたわみや弾力性によって可能となる。関節が正常な可動域を運動するためには、適度な関節の遊びが必要である。

 

関節にはしまりの位置とゆるみの位置とがある。しまりの位置とは関節面が完全に適合し、関節面、靱帯が緊張した位置で、外力を加えても関節は動揺しない。ゆるみの位置とはしまりの位置以外をいい、外力を加えると容易に動揺する。そのうち関節が最もゆるんだ位置を、最大ゆるみの位置という。AKA法では、これらの関節運動学の各要素が利用される。

 

AKAの治療対象

AKAの治療技術には、副運動を利用した方法と構成運動を利用した方法がある。副運動を利用した技術には、滑り法、離解法、軸回旋法があり、これらは関節機能異常の治療および関節包・靱帯の伸張を目的とし、対象疾患としては腰下肢痛、頚肩腕痛などの有痛性疾患、骨折、捻挫、挫傷など外傷後の痛み、関節拘縮などがある。構成運動を利用した方法には、他動構成運動と抵抗構成運動がある。他動構成運動のなかでも伸張がないものは、骨・関節障害、筋疾患、神経系障害があり、伸張があるものは、関節拘縮や筋・腱などの短縮がある。抵抗構成運動では、骨・関節障害、筋疾患、神経系障害がある。AKAの臨床的有用性は、痛みを扱う徒手医学の分野と、拘縮などを扱う運動療法を含めた、リハビリテーション医学にまで多岐にわたるが、なかでも痛みの診断、治療における重要性は特筆すべきである。

 

禁忌
化膿性関節炎、悪性腫瘍、骨髄炎、新鮮骨折がある。


仙町関節の作用・動き

1、仙腸関節の作用
荷重による垂直負荷は仙腸関節のもつ@上開きのくさび状配列、A 凹凸と捻れを伴う不規則な関節面、B強力な後方の仙腸靭帯群といった構造によって受け止められる。
また、仙腸関節は歩行、座位で、下肢への体重伝達が急激に変化するのを少なくし、床反力や剪断力を吸収すると考えられる。仙腸関節が荷重を受ける仕組みの説明に仙骨要石(key stone)理論がある。荷重が掛かると、前傾した仙骨が骨盤のなかに沈み込む。これが骨間仙腸靭帯や後仙腸靭帯を緊張させ、両寛骨を引き寄せ、関節がさらに安定するというものである。一方、関節面は凹凸が複雑にかみ合っている。したがって、荷重を受けた仙骨はくさびの役を演じて、寛骨を押し開くように働くとの意見もある。仙腸関節は構造の特異性から、腰椎の椎間板、椎間関節に比べて、側圧には6倍の強度がある。しかし、軸圧には1/20倍、軸の捻れには1/2倍の強度である。すなわち、仙腸関節は腰椎よりも軸圧と軸の捻れに弱い。

 

2、仙腸関節の動き
仙腸関節を囲む筋は、仙骨に付着する筋(脊椎直立筋、大殿筋、梨状筋など)、寛骨に付着する筋(腸肋筋、腰方形筋、腹直筋、腸骨筋、殿筋群、広背筋、腹斜筋、大腿直筋、内転筋群など)である。しかし、この関節を跨ぐ関節筋、すなわちこの関節を動かす主動筋が見当たらない。 したがって、この関節は脊椎や股関節の動きに伴つて相動的に動くと考えられる。仙骨の動きには屈曲、伸展、回転、側屈および滑動などが報告されている。しかし、動きの実体ははっきりしていない。この関節の主な動きは、体幹の運動に伴って仙骨がS2椎を中心に両腸骨間を前屈する「うなずき運動」と、後屈する「起き上がり運動」と考えられている。死体標本を用いた実験では、仙骨が腸骨に対して13〜 16°屈曲し、1.7〜1.94°伸展する。さらに、一方向へ0.37〜 0.8°側屈し、一方向へ0.6〜 0.8°回旋することが報告されている。しかも、屈曲、伸展負荷時には側屈と回旋が複合するように、main motionに複合してcoupling motionが生じる。さらに、中間位に比べて、屈曲、伸展ともに仙骨が腸骨に対して前上方にわずかに移動することが確認され、うなずき運動が単純な動きでないことが示唆される。

 

3、回転運動軸
かつて仙腸関節が固定した軸の周りを回転するとして、骨間仙腸靭帯周辺、S2椎、仙骨岬角の前方、あるいはBonnaire結節が軸の中心と想定されていた。その後、Wilderら3のが詳細な仙腸関節面の検討を行い、前額断、矢状断で瞬間回転軸(IAR)が広範囲に分散することを示した。今日では仙腸関節の運動は複雑で、固定した軸の周りを回転するものではないと考えられている。

 

 

4、荷重と仙腸関節
立位では通常,重心が仙骨上端の前方にある。Sl椎の上面に作用する体幹の重みは岬角を低める方向に働く。これが仙骨を前屈させて、仙骨のうなずき運動を起こす。同時に股関節に働く床反力が腸骨を後方へ傾斜させて、うなずき運動をさらに増強する。前屈姿勢になり、股関節が重心線の後方に移ると、腸骨には逆に、前方へ傾斜する力が働き、うなずき運動を減ずる。すなわち、体幹の重みは腸骨の回旋を起こして、仙骨のうなずき、あるいは起き上がり運動を誘発すると考えられる。 しかし、実際の動きは関節周囲を取り巻く強靭な靭帯によって妨げられるので、ごくわずかである。

仙腸関節は殿部を含めた広義の腰部および下肢の痛みの原因になり得る。このことは、すでに20世紀初頭にGoldthwaitら1つが指摘していた。 しかし、可動性がきわめて乏しいことから、今なお仙腸関節の痛みの存在を疑問視する意見がある。しかも、この痛みは腰椎あるいはその近傍組織に当来する疼痛と類似して、区別がむずかしい。たしかに仙腸関節は動きは少さいが、明らかに可動関節である。しかも、この関節は体幹の全荷重を両下肢に伝達する役目を担い、臥位以外の姿勢ではきわめて大きな力が常にかかっている。加えて、関節包および周辺の靭帯組織に知覚神経終末が分布することが確認されている。 よって、この関節に由来する疼痛が存在することはほぼ間違いない。

 

仙腸関節は仙骨と腸骨でできる前方の滑膜関節と後方の強靭な骨間仙腸靭帯、後仙腸靭帯による靭帯結合で構成される。また、関節の前方は前仙腸靭帯が補強している。滑膜関節はSl〜 S3にまたがり、その関節面は前方凸の耳介あるいはプーメランの形をしている。新生児期に関節面は狭く平らで、矢状面に平行である。体重負荷に伴って、仙骨がくさび状の構造に発達する結果,成人の左右の関節面の関係は前方,上方に開いたV字型となる。しかも,関節表面は仙骨側が凹,腸骨側が凸となり、これに捻りが加わって不規則な関節裂隙を形成する。日本人の関節面の面積は仙骨側で平均141士2 03?、腸骨側で平均145± 2 03?で、腸骨側がやや広い。これは西洋人に比べて狭い。関節軟骨は仙骨面が硝子軟骨で、腸骨面が線維軟骨と言われているが、両関節面ともに硝子軟骨である。軟骨の厚さは成人で仙骨側が1〜3mm、腸骨側がlmm以下であって、仙骨側が腸骨側に比べて2〜3倍厚い。50歳以上になると、特に男性で、関節面の癒合が生じてくるといわれている。しかし、それは完全なものではなく、部分的な線維性癒合と考えられている。仙腸関節の前方は関節包で被われるが、後方はしばしば未発達、あるいは欠落して骨間仙腸靭帯が後方の境界になっている。前方の滑膜も全面ではなく、前下方の1/2〜2/3に限られるとの報告がある。

 

仙腸関節の前面を腰仙骨神経叢が通過する。仙腸関節の前方はL5神経、Sl神経の前枝よりの直接枝が支配する。下方は上殿神経、S2神経後枝の外側枝が、後方はL5神経、Sl神経後枝の外側枝が支配する。閉鎖神経の関与はほとんどない。
神経終末が関節包に証明されり,関節後方の靭帯領域にも分布することが証明されている。加えて、痛覚や温度覚を伝える無髄性の自由神経終末、さらに仙腸関節後方部に侵害受容のレセプターの存在が確認されている。

 

 

 

 

 

お問い合わせ

「徳行店」〜ウェルネスゾーン〜

055‐269‐6760

↑スマホの方はタッチで発信

10:00〜20:00 不定休



「和戸店」〜山梨学院から2分〜

055‐231‐5471

↑スマホからはタッチで発信

10:00〜20:00 不定休