マッサージで後遺症0ヘ

交通事故後の2つの運動方法を紹介

アイソメトリック エクササイズ・アイソトニック エクササイズ
アイソメトリック エクササイズ(等尺性運動)では筋の最大収縮を得やすく、筋力増強に適しているという利点があるが、関節運動を伴わない静的な運動形態であるため、訓練を行った関節角度付近での筋力強化は大きいが、それ以外の関節覚度での効果が少ない。

 

比較的短時間で筋力増強ができる、酸素消費は少ない、運動痛がある場合の筋力増強に適している、特別な機器を必要としないという利点もある。一方、注意点として、持続的な等尺性収縮は活動筋への血流を減少させ、血圧上昇を引き起こすため、心肺系に異常のある患者様に対しては慎重に行い、訓練時の負荷が過負荷にならないようにすべきである。動的の運動形態に対し、訓練効果は反映されにくいことから、固有感覚障害の患者様などにとって、運動感覚を獲得する目的には適していない。

 

 

アイソトニック エクササイズ(等張性運動)とは筋の長さが変化しながら収縮し、関節運動を伴う運動のことである。収縮様式には、求心性収縮と遠心性収縮がある。特性としては、筋のポンプ作用の賦活により静脈血、リンパの還流を増大し、心肺機能の促進にも適している。

山梨県甲府市で交通事故に対する「運動指導」なら

山梨で交通事故の治療
運動・ストレッチなら

055-269-6760

↑スマホの方はタッチで発信

月曜〜日曜10:00〜20:00 不定休