筋膜リリースで後遺症0ヘ

筋膜リリースで「交通事故後」の後遺症0に!

現在、注目されている筋膜リリースの概要と自宅で出来る筋膜リリース法をご紹介します。


筋膜とは
全身の全てを覆う全身タイツのような膜です。生肉に薄い膜、皮が張り付いていると思いますが、人間にも同じ膜が全身にあります。「第二の骨格」とも言われる程体にとって大事な部位であります。筋膜が固くなると、筋肉が膨隆してみえるようになり、コリの引き金、更には関節の動きを阻害してしまいます。

(筋膜性疼痛症候群)痛みの部位は押すと痛むことが多いため、痛みの部位と繋がっている筋肉(筋膜)から緩めることで、痛みの緩和に繋げることができます。コリを緩めるマッサージするだけでは、一時的には緩みますが、すぐに痛みが戻ってしまうのは、筋膜を整えられていない事が原因とも考えられます。今回、自宅で簡単に出来る筋膜リリースストレッチを紹介させて頂きます。


 

当院ではなかなか改善されない腰痛や肩こりに対しても、当院独自の骨格調整で背骨を真っ直ぐに整え、凝り固まった筋肉を緩めます(筋膜リリース療法&トリガーポイント療法)お客様の慢性的な辛さにも対応させていただき、これまでにも多くのお客様に喜んでいただいております。山梨県甲府市の整体院・整骨院信玄は完全個室で周りの目を気にせず施術が受けられるのも女性のお客様に選ばれる人気の一つです。

交通事故後の治療にも「筋膜リリース」を取り入れていきます。

 

後遺症が残らない為には、患部だけの治療では不十分です。全身の筋膜「第2の骨格」を緩める事で、骨格が整います。
すると身体が軽くなり、患部の辛さも自然と緩和されていきます。

 

※患部もしっかりマッサージしますが、根本となっている原因部位(関連する筋膜)も整えていきます。

当院の治療法「筋膜リリース」とは?

まず、筋膜とは言葉の通り筋肉を包んでいる膜の事を指します。

 

この筋膜は、ボディスーツのように体全体を包んでいます。またとても柔軟性の高い組織なので、癒着(くっつき、絡まること)が起きやすいです。

 

癒着することで、コリや痛みが発生しやすいとされています。

 

また、この筋膜は全身につながっていますので、一部の筋膜の癒着が他の部分に負担をかけてしまいます。

 

 

この癒着してしまった筋膜を治療するのが筋膜リリースです。

筋膜リリースをやってみよう!

筋膜が固くなると、筋肉が膨隆してみえるようになり、コリの引き金、更には関節の動きを阻害してしまします。(筋膜性疼痛症候群)

 

ではなぜ、固くなるのか?

日常生活で、デスクワークや、悪い姿勢でいる、足を組んだりすると筋膜は固くなります。

 

痛みの部位は押すと痛むことが多いため、痛みの部位と繋がっている筋肉(筋膜)から緩めることで、痛みの緩和に繋げることができます。

 

コリを緩めるマッサージでは、一時的に緩みますが、すぐに痛みが戻ってしまうのは、筋膜を整えられていない事が原因とも考えられます。

 

 

まとめ

肩こり、腰痛の方は、痛みの出ている部位に着目しがちですが、痛みがでているところ以外の部位に原因があることも多くあります。
ぜひ、全身の筋膜を緩めて肩こり解消をされて下さい。

 

 

ストレッチのポイント

・痛いのを我慢して行うと逆効果。
・ゆっくりと気持ちがいいと思う程度の範囲で伸ばす事。
・20秒?30秒左右行い、1日3セットが目安。

筋膜リリース体操を3つご紹介!?各ポイント?

@ 体の後面を通る(首?肩?腕)筋膜リリース体操

 

1、 体の後ろで手を組み、両腕を下に引き下げます。
POINT:腰が反らない(前にでない)ように気をつけます。

 

2、 そのまま首を右に傾け20秒、左に傾け20秒止めます。
※座った状態でも行えます。

 

 

A 体の側面を通る筋膜リリース体操

1、 まず、足を交差(右足を対側に)します。

 

2、 右腕を天井にピンと伸ばし、左腕を床に向かって引き下げます。
POINT:指はまっすぐにし、体の側面が伸びるのを感じてください。

 

3、 そのまま、体を左側へゆっくり傾け、右の脇腹を伸ばします。
POINT:体が倒れない位置で止めます。不安定な方は、机等につかまりながら(左手で)行って下さい。
※椅子に座った状態でも行えます。

 

 

 

B 体の前面を通る筋膜リリース体操

1、 右足を大きく前に出します。
2、 左の付け根(鼠径部辺り)が伸びているのを感じます。
3、 その状態で、左腕を天井に向かって伸ばします。

 

POINT:左の膝を床につける(固定)しておいても大丈夫です。

 

 

全体のPOINT

  息を止めずに左右20秒ずつ行います。痛みが出ると筋膜が縮こまり逆効果になりますので、気持ちいいと感じる程度に行います。痛みがでた場合はすぐに中止して下さい。@、Aはデスクワークをされていると固くなりやすい筋膜ですので、肩こりに有効です。Bは、腰痛(腰が固い)のある方にとても有効です。

 

交通事故の治療でむち打ち、腰痛、足、腕の痛みがある方は、ご相談下さい。

山梨県甲府市で交通事故に対する「筋膜リリース」なら

山梨で交通事故の治療
筋膜リリース整骨院なら

055-269-6760

↑スマホの方はタッチで発信

月曜〜日曜10:00〜20:00 不定休